Instagram初心者でもわかる!フィード投稿とリール投稿のやり方をゼロから解説

Instagram初心者の方で、

「これからInstagramの運用を始めていきたいけど、どうやって投稿したらいいのかわからない!」

「毎回手動で投稿しているけど、自動で投稿できるように設定できないの?」

という悩みを抱えている方はいませんか。

この記事では、インスタグラム初心者の方でもインスタグラムの機能を使いこなして効率的に投稿ができるようにすることを目標に、実際の投稿画面とその手順を一つひとつ解説します。

インスタグラムの投稿方法

Instagram(インスタ)のアカウントを使用する上で重要な投稿。アカウントを作成したら、さっそく投稿をしてみましょう!

この記事では、Instagramの投稿がスムーズに行えるよう、弊社が実際に運用している14万人を超えるアカウントの運用ノウハウを惜しみなく公開し、インスタ初心者でも簡単にできるフィード投稿とリール投稿の方法を解説します。

インスタグラムのフィード投稿

フィード投稿とはInstagramのホーム画面(タイムライン)に表示される通常の投稿のことで、以下の4種類があります。

  1. フィード(写真・動画)
  2. リール(Reels)
  3. ライブ配信(インスタライブ)のアーカイブ
  4. Instagram動画(旧IGTV)

インスタグラムのフィード予約投稿の方法

予約投稿の仕方はとても簡単です。

弊社では、InstagramもしくはMeta Business suiteから予約投稿を行っています。出先でも変更削除等できるためスマートフォンのアプリを使用すると対応しやすいです!

なぜ予約投稿なのか?

予約投稿にすることで、フォロワーが一番多く見ている時間帯に統一をして投稿をすることができます。弊社では、18時〜と21時〜がアクティブな人が多い(平日は仕事終わりの時間)ためこの時間内に投稿を予約しています。

それでは、実際の予約投稿の流れについて説明していきます。

Instagramからの場合

  1. インスタアプリで編集済みの画像を選択
  2. 投稿順に画像を選択
  3. キャプション・タグ付・#などを入力
  4. 日時を指定する
  5. 予約投稿(完了)

詳しく解説していきます。

1. インスタアプリで撮影・撮影済みの写真を選択

まず、プロフィール下部もしくは上部の「+」ボタンを押します。「+」マークをタップすると「投稿」、「ストーリーズ」、「リール」、「ライブ」の選択肢があり「投稿」を押すとフィード投稿ができるので、「投稿」をタップします。

2. 投稿する画像を投稿順に選択

次に、投稿したい写真・動画を選択します。右側にある「複数を選択」をタップすると、最大10件まで複数の写真と動画を選択することができます。ここで、必ず投稿になっているか確認します

3. キャプション・タグ付・#などを入力

写真が選択できたら、次はキャプション(説明文)の入力です。「キャプションを入力…」をタップすると、写真の説明文や「ハッシュタグ(#)」、「タグ付け(@)」を追加することができます。

4. 日時を指定する

最後のステップでは、投稿する日時の指定を行います。

画面下の方の詳細設定を選択し、「この投稿を日時指定」から投稿の日時指定をします。ただし、20分前しか予約できないので、ギリギリの場合は手動投稿します。

また、予約投稿はインスタグラムの「プロアカウント」のみ可能となっているため、注意してください。

5. 予約投稿(完了)

必要な情報を入力し、「日時指定」を押したら予約完了です!

Meta Business suiteからの場合

  1. 「投稿日時を指定」を選択
  2. キャプションとハッシュタグ入力
  3. 画像を挿入
  4. 投稿日時指定を設定
  5. 予約投稿(完了)

詳しく解説していきます。

1. 「投稿日時を指定」を選択

まず、画像右上の投稿日時を指定を選択します。

2. キャプションとハッシュタグ入力

次に投稿するInstagramのアカウントを選択し、キャプションとハッシュタグ入力します。
ハッシュタグ反応しているかも確認しましょう(ブルーになっていなければ半角スペースを入れます)

3. 画像を挿入

「写真を追加」から画像を選択し、投稿順に並べましょう。

4. 投稿日時指定を設定

最後のステップでは、投稿する日時

の指定を行います。

5. 予約投稿(完了)

必要な情報を入力し、「日時指定」を押したら予約完了です!

インスタグラムのリール投稿の方法

リールの投稿では、フィード投稿とは違い音源の選択を行います。

音源は流行りのものを選択することによって、おすすめに乗りやすいです。

それではリールの投稿方法について詳しく説明していきます。

Instagramから投稿

  1. インスタアプリで編集済みの動画を選択
  2. 音源の選択
  3. 表紙の選択
  4. キャプション・タグ付・#などを入力
  5. 投稿(完了)

詳しく解説していきます。

1. インスタアプリで編集済みの動画を選択

まず、プロフィール下部の「+」ボタンを押します。「+」マークをタップすると「投稿」、「ストーリーズ」、「リール」、「ライブ」の選択肢があるので、「リール」をタップします。

次に投稿する動画を選択します。

2. 音源の選択

動画を選択したら、動画に合う音源を選択します。

音符マークをタップして、音源検索or保存済みから音源を選択します。

この時、動画にナレーションがある場合は音量調整をしましょう。
※ナレーションがきちんと聞き取れるように、ナレーション100 音源20くらいがベストです(音源によって変更)

3. 表紙の選択

次に表紙(カバー)を選択します。

表紙には目を引くようなブランドのロゴだったり、興味をそそらせるキャッチコピーを入れましょう!

4. キャプション・タグ付・#などを入力

紙が選択できたら、最後はキャプション(説明文)の入力です。

「キャプションを書く」をタップすると、写真の説明文や「ハッシュタグ(#)」、「タグ付け(@)」を追加することができます。

5. 投稿(完了)

必要な情報を入力し、右上の「シェア」を押したら投稿完了です!

(予約投稿の場合はフィード投稿と同様の手順でできます。)

インスタグラムの投稿をする前にチェックしておきたいこと

せっかく画像を作成して投稿できても、「ミスがあったから投稿を削除しなきゃ」なんてことに……。

そこで弊社で実施しているチェックリストを公開し、ミスを事前に防ぐ方法をご紹介します。

チェックリスト

  • ブランド名
  • 商品名
  • 商品があっているか
  • 金額があっているか
  • 誤字脱字
  • デザイン面(他のテンプレとあっているかなど)

 

弊社ではブランドものをまとめてご紹介することが多いため、ブランド名の記載ミスがないように慎重にチェックを行っています。このように、まずは優先順位をつけてチェックリストを作成しましょう。

また複数人が投稿に関わってくるとミスが起きやすくなるため、一人の人がチェックするのではなく何重にもチェックをすることをおすすめします。

投稿後にすべきこと

予約投稿の場合は、バグが起きることがあります。

きちんと投稿ができているか、予約投稿された後に確認しましょう!

弊社で実際に怒ったバグの例を交えて、対処方法をご紹介します。

今まであったバグの例と対処方法

  1. 投稿時間になったが、バグで投稿されていない
  2. バグで同じ投稿が何投稿かされる
  3. バグで1投稿に同じ画像が何枚か上がっている

1. 投稿時間になったが、バグで投稿されていない

稀に予約投稿の設定が上手くいっていなかったり、Instagramのバグなどで予約した時間に投稿がされない場合があります。投稿されていなかった場合は、気づいた時点で、手動で投稿し直しましょう。

2. バグで複数回、同じ投稿がされるてしまう

一番最初に上がっている投稿を残し、その他の投稿をアーカイブしましょう。

一番最初に上がっている投稿が、保存率といいね率が高い傾向にあるので1番最初を残しましょう。また、削除すると、今後のリーチ数などに影響するため必ずアーカイブしましょう。

3. バグで1投稿に同じ画像が何枚か上がっている

こちらも2と同様に削除ではなくアーカイブをして対処します。

 

信頼性のある情報を投稿してInstagramのアカウントを成長させよう

本記事では、Instagramアカウントを成長させるために重要な投稿の方法と、トラブルシューティングの方法をご紹介してきました。アカウントの成長に役立てましたら幸いです。

本記事でご紹介した内容は現在も弊社で実践しており、アカウントも成長しています。紹介した内容をそのまま取り入れていただいても十分に効果があると信じておりますし、もしもInstagramの運用についてお困りのことがございましたら、弊社にご相談ください。

また、14万人以上のフォロワーを獲得した弊社のインスタグラム運用ノウハウを知りたい方は下記の記事をご覧ください。

【完全版】フォロワー14万人超のInstagram(インスタグラム)運用の全ノウハウを徹底公開